南明奈の現在wwwwwwww

カテゴリ:タレント
1: 忍次郎 ★@\(^o^)/ 2015/05/18(月) 05:10:06.26 ID:???*.net
 タレントの南明奈(26)が17日、台湾・台北で第14回台湾国際ネイルコンテストに出席し、台湾ネイル親善大使に任命された。

会場には5000人以上のネイル関係者が集結し、南は「貴重な称号をいただき、とても感謝しています」と北京語であいさつ。

誕生日だった15日には日本ネイリスト協会30周年を記念したJNAネイルキャラバン アンバサダーにも選ばれており、
ネイル業界からの“ダブル誕生日プレゼント”となった。

〜続き・詳細 は以下ソースをご覧ください〜

デイリースポーツ 2015年5月18日
http://www.daily.co.jp/gossip/2015/05/18/0008036304.shtml

(さらに…)

【悲報】ヒロミが危機的にヤバイらしい・・・・・・

カテゴリ:タレント
1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/05/05(火) 18:12:34.91 ID:???*.net

 

昨年、突如として本格的に芸能活動を再開させブレイク中のヒロミ。
有吉弘行や坂上忍、マツコ・デラックスといった毒舌キャラが重宝される風潮もあり、オファーが急増した。
ニホンモニターの調査によれば、ヒロミの出演数は2013年の17番組から14年は98番組にまで跳ね上がった。

そのヒロミは今春から『美女たちの日曜日』(日曜10時〜、テレビ朝日系)でMCを務め、
深夜帯を除けば『発掘!あるある大事典』(フジテレビ系)以来、11年振りのMCとなった。
しかし番組は大苦戦が続いており、4月5日の放送開始から2%台(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)が続き、
4月26日にはついに1.8%を記録してしまった。テレビ局関係者が話す。

「低視聴率の責任をヒロミに押し付けるのは、あまりに酷です。完全に編成の失敗ですよ。
裏番組には『サンデージャポン』(TBS系)、『ワイドナショー』(フジテレビ系)というワイドショーがあり、『誰だって波瀾爆笑』(日本テレビ系)というトーク番組もある。
この3番組のテイストを混ぜ合わせた感の強い後発番組が受け入れられるはずがありません。予想通りの低迷です」

3月まで同枠で放送されていた『報道ステーションSUNDAY』(4月から日曜16時30分〜に移動)は4〜5%台で、大きなニュースのある時は8%台に到達することもあった。
「日曜午前で1%台が続けば、完全に打ち切り対象となる」(別のテレビ局関係者)という厳しい結果であり、テレ朝にとっては大きな痛手といえる。

「一昨年に年間視聴率2冠王を獲得した頃と違い、上位に入ってしまったことでテレ朝には守りの姿勢がみえます。
以前のテレ朝であれば昨年ヒロミがブレイクするかしないかの頃に思い切ってMCに起用したはず。
視聴者は昨年1年間でヒロミに見慣れてしまった。そこで、起用しても新鮮味がない。
また、ヒロミは裏番組の『ワイドナショー』の準レギュラーでしたから、強奪するようなやり方もテレ朝らしくありません」(同)

進取の精神こそ、かつて弱小局と呼ばれたテレ朝の強みだったが、業界の勝ち組となった今、その精神は失われてしまったのだろうか。

「テレ朝に勢いのあった11年、『マツコ&有吉の怒り新党』が始まっています。
当時、マツコ・デラックスと有吉弘行という2人にネオプライム帯で冠番組を持たせることは画期的でした。
それに、まだコンドーム騒動のイメージが抜け切れていなかった夏目三久アナをアシスタントに起用したことも、インパクトが大きかった。
この組み合わせが斬新だったからこそ、『怒り新党』は大成功を収めたわけです。『美女たちの〜』には番組構成自体に既視感すら感じられ、
もう一人のMC向井慧(パンサー)、進行役の大木優紀アナとヒロミとの組み合わせも、陳腐なものといわざるを得ません」(同)

『美女たちの〜』の躓きが、テレ朝失速の始まりとならないことを願うばかりである。

http://news.livedoor.com/article/detail/10080582/
2015年5月5日 17時0分

(さらに…)

ダル意識?紗栄子のウエディングドレス写真に賛否両論

カテゴリ:タレント
1: 三毛猫 φ ★@\(^o^)/ 2015/02/24(火) 18:51:34.65 ID:???*.net

 タレントの紗栄子(28)が23日、ウエディングドレスに身を包んだ写真を
自身のブログで公開。しかし、前夫であるレンジャーズのダルビッシュ有投手(28)が
交際中の女子レスリング元世界王者の山本聖子(34)の妊娠を発表した直後という
タイミングもあり、ネット上ではこの写真を意味深長にとらえる声が続出している。

 紗栄子が着用した衣装は、マネジャーのサプライズウエディングで着たドレスだという。
純白のミニワンピース姿を自撮りした写真を公開した。

 ブログコメント欄には「かわいすぎまーす!!天使ーすぎます」「オシャレだね」
「紗栄子さんやっぱりかわいいな〜お人形さんみたい」といったコメントが多数寄せられて
いるが、ネット上には「何がしたいんですかね……」「陰湿やなあ」「笑えんわ」
「闇が深い女」「哀れやわ どんだけダルに乗っかるねん」などと、さもダルビッシュへの
当て付けと言わんばかりのコメントもあがっている。

 紗栄子にしてみれば全く他意のない偶然かもしれないが、しかしくしくも前夫が恋人の
妊娠を発表した翌日にウエディングドレス姿公開とあって、邪推されてしまったようだ。

http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1438643.html
no title

(さらに…)

【衝撃】高橋ジョージの束縛内容wwwwwww

カテゴリ:タレント
1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2015/01/22(木) 07:16:58.63 ID:???0.net
2007年にナイスカップル大賞、2011年にパートナーオブザイヤーを受賞し、“芸能界一のおしどり夫婦”として知られてきた三船美佳(32才)高橋ジョージ(56才)夫妻が、
泥沼離婚裁判に突入したことが『スポニチ』のスクープで発覚した。

同紙によれば、2013年末に三船が都内の自宅を出て大阪のマンションで別居を始め、
昨年5月から離婚調停を行うも決裂、現在は訴訟に発展しているという。

これまでの報道では、「高橋が家にいるときは、外出をしてはいけない」という“外出禁止令”の存在が離婚訴訟に至った原因とされているが、
女性セブンの取材で判明したのは、高橋の耳を疑うような束縛ぶりだった。

結婚当初、三船がまだ高校生だった時、高橋は彼女が放課後に友人と遊ぶことを禁止していた。
もちろん部活動も禁止で、そんな高橋の意向により、彼女は卒業式のダンスパーティーにも参加できなかったという。

「報告」「連絡」「相談」といえば、仕事でも家庭でも、物事を円滑に進めるための基本的なコミュニケーションだが、
この夫婦の場合は別である。
三船には、1日のスケジュールを全て高橋に報告しなければいけないルールが課されていた。

「例えばママ友とランチをするにしても、どこで誰と何時までいるとか、何時に帰宅するとか、全部伝えなければいけないそうです。
ある日、ママ友仲間でランチをしているとき、相手の名前や店名をご主人にメールしている彼女を見て、
友人の一人が“普通、そんなこと旦那に報告しないよ?”って言ったら、“え? そうなの?”って彼女は驚いていました」(三船のママ友仲間)

三船の出演する番組は欠かさず見るという高橋は、彼女の衣装チェックにも余念がなかった。

「三船さんは胸が大きいこともあって、薄着になると胸もとが強調されてしまうんです。
高橋さんはそれを嫌がっていて、“そんなに胸もとが開いた服を着なくてもいいだろ”とダメ出しをすることがよくあったそうです。
当然、ナマ足を露出する衣装も、もってのほかで、“別にジャージーでいいじゃん”などと冗談っぽく言うこともあったみたいですよ」(三船の知人)

その他にも共演者との絡みもチェック。ちょっとでも色目をつかっているように見えると「チャラチャラするな!」と指導していたという。
今回の離婚裁判について会見を開いた高橋はこう話している。

「行動はチェックしますけど、お互い夫婦はそうでしょう。どこにいるのとか、おれはどこにいて何時に帰るとか、連絡しあってさ」

?“外出禁止令”を否定しながらも、こう続けた。

「例えば彼女がカラオケに行くとなれば、何時に終わるのか、それが深夜2時だったとしても、おれが迎えに行くよって。
“三船美佳が酔っ払ってこんな時間まで飲み歩いているんだ”ということが広まったりしたらいけないからね」

※女性セブン2015年2月5日号
.
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20150122-00000005-pseven-ent
NEWS ポストセブン 1月22日(木)7時6分配信

"</div

(さらに…)

【画像】 中川翔子さん、股間を手で隠しただけのセクシーグラビア公開!

カテゴリ:タレント
1: 名無しさん 2014/03/24(月)20:38:30 ID:9LIqZL9nK

 

https://twitter.com/shoko55mmts/status/447771284189900800
中川翔子&#8207;@shoko55mmts
マミタス様セクシーグラビア
no title

 

(さらに…)